平均的な費用

明るい応接室

病院勤務を行っている医師の方の中には、勤務医としてではなく開業医として自分の医院を持ちたいと考える人もいます。医院を開業するためには医院を開く場所の取得にかかるお金や設備を購入するためにかかるお金をまず準備する必要があります。どのような診療科目を開業するのかによりその金額は大きく変わってきますが、平均的な金額についてみていきます。まず場所を探さなくてはならないのですが、物件そのものと内装に最低でも3000万円は必要であるとされています。次に設備にかかる費用ですが設備がそれほど必要でないとされている心療内科や精神科、レーザー治療機器を入れない皮膚科などでは最低400万円から500蔓延必要であるとされています。より専門的な分野で設備が必要な診療科になると、2000万円以上の費用が必要です。

開業にかかる費用はどのような診療科目を行い、どのような場所や設備を入れるかにより大きく変動する傾向にあります。都心部の人通りが多い一等地に開く場合には物件取得にかかる費用が地方で開くよりもかかってしまうので、同じ診療科でも金額が大きく変わります。また設備を一から新しいものを購入するのか、中古を購入するのか、リースするのかにより大きく差が出ます。最初の費用負担をできるだけ少なくしたいというような場合はリースという選択が一番です。しかしリースにはさまざまな形態があり、中途解約の難しい契約形態もあります。不必要になった場合も契約が解約できないとかえって費用が高くつくこともあります。リース契約の中には将来的にその機材を医院が購入できるものや定額で借りることができるものなどさまざまな種類があります。よく契約を理解する必要があります。